スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買えよks

Atlantica_20110604_175818099.jpg

誰か間違えて買えよな くそ 巫女たんが欲しすぎるです  


そういや血縁者が何かしら生物を捕らえてきました

ebi02.jpg

おい これなんぞ

ebi01.jpg

そう デカクするとこのとおり なんかかわいいだろ おい

この生物まさに シーモンキーだろ すまん昭和臭くて><

こんなしょうもない落書きが書けるくらい 日本は平和です

追記

ホウネンエビは、節足動物門 甲殻亜門 鰓脚綱(ミジンコ綱)サルソストラカ亜綱 無甲目(ホウネンエビ目)に属する小型の動物である。日本では初夏の水田で仰向けに泳いでいるのがよく見かけられる。

体は細長く、弱々しい。全体に白っぽく透明感があるが、緑を帯びた個体、青みを帯びた個体も見られる。頭部からは、左右に一対の複眼が突き出している。第一触角は糸状に突き出す。第二触角は雌では小さく、雄では雌を把握するために発達する。その形はなかなかややこしいもので、言葉で説明するのは難しい。普段は象の鼻を丸めたようにして、雄の頭部に乗っているが、頭の大きさの半分程もあるので、雌雄の区別は一目で分かる。伸ばすと先が枝状に分かれている。雄の姿にアノマロカリスを思い浮かべる人もいる。

頭に続く体は、細長く、多数の鰓脚がつく胸部と、鰓脚のない腹部に分かれる。胸部は十対以上あって各節に一対の鰓脚がある。鰓脚はどれもほぼ同じくらいの長さがある。鰓脚の最後の部分に卵の入る保育のうがある。保育のうは細長く、腹部の腹面に沿ってぶら下がる。腹部は細長く、最後に一対の尾叉がある。尾叉は木の葉型で平たく、鮮やかな朱色をしている。

常に鰓脚を動かし、水中を泳いで生活している。基本的な姿勢は腹面を上に向けた、仰向けの姿勢である。水中の中ほどか、水面近くでその姿勢を保ってあまり動かないか、ゆっくりと移動するのがよく見られる。驚いた時には瞬間的に体を捻って、跳躍するように移動することがある。それが素早いことと、体色が紛れやすいことから、一見では瞬間移動でもしたかと感じてしまうほどである。

餌は鰓脚を動かして水流を作り、腹面の体軸沿いに口元へ水中の微粒子を運んでいる。

光に集まる性質があるので、夜に照明を当てると容易に捕獲できる。


がんばって捕まえろよ おい 

おちんちんまい



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

た

Author:た
何も無いから幸せです
雀龍門3始めました
ダンボール戦機おもしろいです
早朝からプラモデルとか作れる人です
便所の落書きより為になりませn

最新記事
最新コメント
カテゴリ
tokei
カウンタック
俺用
ついーつ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。